和讃

仏教讃歌の一種。
親鸞聖人は、日本仏教を、特定の身分・階級の人々に奉仕する宗教としてではなく、一切衆生を平等に救うための教えとして、生涯、庶民の間にひろめ続けた。
聖人は、その信仰と思想を、七五調の詩にし、数多く書きのこした。
お経や正信偈などの漢文、漢讃に対して和讃は、専修寺本の和讃の左訓に「やわらげほめ」と施してあるように、単なる和語の讃嘆ではなく、経釈の意を和らげてこれを心得しめたいという意図であったと窺える。

その和讃を、蓮如上人が開板され、三帖(さんじょう)和讃としてまとめられたものが、大谷声明として勤行に用いられている。