スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正信偈

正信偈
 
正式には「正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)」といい、「正信偈」と略称される。親鸞聖人の主著『(けん)浄土真実教行証文類(もんるい)』「行巻(ぎょうのまき)」の末尾にある七言百二十句の偈文(げもん)
大別して二段から成っており、初めの段は、依経段(えきょうだん)といって、『大経』に明らかにされている本願を信じ、念仏を正信する道の広大なることを讃嘆している。
後段は、依釈段(えしゃくだん)といい、七高僧が教えた本願念仏についての解釈の要点を掲げて、その徳を讃嘆している。
親鸞聖人は知恩報徳(ちおんほうとく)の思いから、この偈頌(げじゅ)を制作したと述べている。
本願寺八世蓮如以来、朝夕の在家勤行にも広く読誦されている。

遊林寺同朋の勤行はコチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。