スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄土三部経

浄土三部経
 
仏教は教えを(むね)とする人間の生き方を根本問題とするものであり、必ず依りどころとする経典をもつ。
浄土真宗にあっては、まさしく「浄土三部経」がそれであり、『仏説無量寿経』・『仏説観無量寿経』・『仏説阿弥陀経』の三経である。
この三部経の選びは親鸞によるものではなく、親鸞が「本師源空」と仰いだ法然によるものである。
この三部経は単に浄土を表現した経典を集めたものではなく、それぞれ独自の意義をもって、人々の往生浄土の願いに応えてきた経典である。
 
 
仏説無量寿経
 
『大無量寿経』または『大経』とよばれることもある。(「大」とは、「大いなる」「真実の」という意味)
親鸞は自身の主著『教行信証』に、
  それ、真実の教を(あらわ)さば、すなわち『大無量寿経』これなり
といい、三経の中でもとくに『仏説無量寿経』をもって根本教説としている。
『仏説無量寿経』は万人普遍の救いを成就すべき真実の法を開顕する経典である。
そこでは、万人を平等に救済する法は阿弥陀仏の本願であり、その本願のこころを具体的にあらわすのが南無阿弥陀仏の名号であると説かれている。
したがって『仏説無量寿経』は「法の真実」をあらわす経典である。
 
仏説観無量寿経
 
略して『観経』ともよばれる。
万人を平等に救済する本願の名号によって、まさに救われるべき人間を浮き彫りにした経典である。
そこに説かれている王舎城の悲劇のなかで、苦悩する凡夫の身をさらけ出した韋提希(いだいけ)は、
阿弥陀仏の本願に目覚めなくては生きることも死ぬこともできない人間そのものとしてあらわされている。
したがって、阿弥陀仏の本願名号によって救われるものを苦悩する凡夫として明らかにする『仏説観無量寿経』は、「機(人間)の真実」をあらわした経典なのである。
 
仏説阿弥陀経
 
略して『小経』ともよばれる。阿弥陀仏とその浄土の()(どく)(しょう)(ごん)を説き、その浄土に生まれる道として、ただ念仏の道を教え、この念仏の信心が十方の諸仏によって証誠(しょうじょう)され、念仏する人が護念されることを説いている。したがって『仏説阿弥陀経』は、苦悩の衆生(機)に、本願のこころ(法)があらわれる相を説いた経典である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。