スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成30年「はなまつり」法話ダイジェスト 『偉くないおしゃかさま』 法話 佐々木健太師

『偉くないおしゃかさま』

法話:佐々木健太師

(佐々木師は平成302月まで遊林寺の法務員であり、現在は『坊さんキッチンen』という飲食店を経営されています。)

 

花まつりと言えば「お釈迦さまの誕生日」です。

 

お釈迦さまの誕生日を通して私たち一人一人の「生まれた意義」を確認していくのがお寺で花まつりが勤まる大きな意味でしょう。

 

自分自身のことで振り返ってみれば私は小さいころから、なぜ生きているのだろうとか、本当の愛情、本当の友達って何だろうとか、そんなことを考えているちょっと変な子だったのかもしれません。

ですが、そういう疑問を問い続け、確認してきた人生が、幸運なことにそういった疑問に対して、しっかりと問い続けていく道(浄土真宗)に出会わせてくれました。

「生まれた意義」を確認していく道が見つかったのです。

 

どのようにしてその道に出会えたのかというと、

「人間困ったら反対側から考えてみろ」という言葉です。

 

例えばお釈迦さまの教えの中に

「天上天下唯我独尊」という言葉がありますが、

「いのちをいただいたこの世界の中で、尊い大事な一人として生きていく」という事です。

この言葉の中で、尊いということを考えみても、曖昧ではっきりしていませんでした。

ですが、反対側から考えてみたところ、

「尊いものとして生きていくには、尊いものとして生きていない自分を知ること」が、

生まれた意義を確認していく近道なのではないかと考えました。

 

「尊いものとして生きていない自分」。

それは「邪見驕慢の生きかたをしている自分である」と、

お釈迦様は教えてくださっています。

「邪見」とは、真理にそむいた見方や考え方のことで、自分の考えに固執する姿です。

「驕慢」とは、自分の知恵や財力を誇り、おごり高ぶる姿です。

この2つの心のあり方は

人の話を素直に聞こうとしないので、どこまでも自分本位の生き方になってしまいます。

正しいことなんて何にもわかってないのにわかったふりをして正義をかざすから、結果、相手の気持ちを知ろうともせず、喧嘩になってしまうのです。

「私もみんなも一緒に大事な人生を歩んでいくのだ」という世界を願いっているのに、願いとは違う世界を自ら作り出しているのです。

これでは「尊いものとして生きていく」ということは難しいのでしょう。

 

浄土真宗は「自分ほどあてにならない者はいない」ということを自覚する教えで、

親鸞聖人の残された和讃には次のようにあります。

「弥陀の名号となへつつ 信心まことにうるひとは 憶念の心つねにして 仏恩報ずるおもひあり」

南無阿弥陀仏と声に出しながら教えを喜んで聞いていく人は、南無阿弥陀仏の教えを思い起こすことが日常で、仏のご恩に感謝する心があるという和讃です。

 

本当に欲も深く自分の思いが強い私たちに、

「南無阿弥陀仏の教えを思い起こすことが日常」ということは難しいですけれど、だからこそ

「自分ほどあてにならないものはないことを知って、仏教を聞いていく生活をしてほしい」(憶念)と願われているのです。

「偉くないおしゃかさま」というテーマからわかるように、

お釈迦様だって何でもすぐに分かったわけではなかったようです。

何が正しいことなのかということを、常に確認しながら生き続けた人と言っていいと思うのです。

私たちと同じように悩み、苦しむこともあったでしょう。

ただ群を抜いて憶念の心が身についていたということだと私は思いました。

そう考えると、お釈迦さまも意外と私たちとの違いはなく、近くの存在であるように思えるのではないでしょうか。


ダイジェスト担当 横田晃英

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。