蓮如上人

蓮如
 
1415(応永22)年~1499(明応8)年。
浄土真宗中興の祖。
衰微(すいび)していた本願寺に在って苦難の中に成長し、父(本願寺七世存如(ぞんにょ))に従って、教化に尽くした。
1457(長禄1)年、父の後を継いで本願寺八世となる。
浄土真宗の伝統に立って改革を行ったため、比叡山衆徒による大谷本願寺の破却にあい、大津三井寺の南別所を経て、1471(文明3)年、越前(福井県)の吉崎に坊舎を建てて移住(吉崎御坊)。
数多くの『御文』を作成し、親鸞の『正信偈』や『和讃』を開版するなど、活発な教化活動を行った。
しかし、その教化を受けた門徒と在地領主との間に生じた利害関係の対立によって吉崎を出、新たに摂津・河内・和泉(大阪地方)で布教に専念。
1480(文明12)年、山城(京都府)の山科(やましな)に山科本願寺を再建。教化はいっそう拡がり、他派より帰依するものも多かった。
75歳で五男の実如(じつにょ)に後を譲り隠居したが、その後も布教を続け、1496(明応5)年には大坂石山に石山本願寺を建立するなど、その活動は85歳で没するまで続いた。