お朝事

お朝事

脇掛

脇掛

本尊

御本尊とは、人生において「本当に尊い」ことであり、真の依り処であります。
 
浄土真宗の御本尊は阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)です。
この御本尊は木像、絵像、六字名号など様々な形があります。
 
阿弥陀とはインドのサンスクリット語でAmitayus(アミターユス)とAmitabha(アミターバ)という言葉の音写です。アミターユスは無量寿(無限の寿命)、アミターバは無量光(無限の光明)という意味で、無量寿は時間、無量光は空間を表しております。
阿弥陀仏はあらゆる時間・空間を越えて、私たちを一人も漏らさずに救いたいと願われているのです。
 
この阿弥陀とは、元々物事の真理や真実(真如)といった形の無いもの(法性法身)であります。しかし、それを形に表して、教えを説くための方便としてのお姿(方便法身)が阿弥陀仏なのです。
親鸞聖人は法性法身について、「いろもなし、かたちもましまさず。しかれば、こころもおよばれず、ことばもたえたり」(『唯信鈔文意』)と述べております。
これは「本来、阿弥陀仏とは私たちの認識を超越した存在であり、色や形は無く、想像や言葉では表現できない存在である」という意味です。
そして方便法身を「この一如(法性法身)よりかたちをあらはして、方便法身と申す御すがたをしめして、法蔵比丘と名のりたまひて、不可思議の大誓願をおこしてあらはれたまふ御かたち」(『唯信鈔文意』)と述べております。
これは「この私たちの認識を超越した存在から、私たちが認識出来る為のお姿として、法蔵比丘と名乗り、我々の為に四十八願を建てられて、現れたお姿である」という意味です。
 
皆さんのご自宅のお内仏に安置されております御本尊は、法性法身としての阿弥陀仏が、方便法身として、我々の前に現れたものです。
お内仏というのは浄土の世界を表しており、お内仏に御本尊がなければ、それはただの箱となってしまいます。
私たちは、その浄土の阿弥陀仏に対して手を合わせ、「南無阿弥陀仏」と念仏します。
それは私たちを救いたいと願われた阿弥陀仏に対して、「あなたの教えを信じて、帰依(心から従う)します」ということです。
なので、御本尊は偶像崇拝するための物ではありませんし、ましてやお願いごとをする為の、御祈りの対象でもありません。
この阿弥陀仏の教えを信じて帰依するということが、人生において「本当に尊い」ことであり、真の依り処なのです。