帰敬とは

帰敬式 (ききょうしき)

仏陀の教えを道として生きるものとなる、決断の儀式。

御本尊、親鸞聖人の御影前に座し、「剃刀(ていとう)の儀」を行なった上で、法名を受ける。
「剃刀の儀」とは、髪をおろすことをかたどったもので、「おかみそり」ともいわれ伝承されている。
髪をおろすということには、虚飾(きょしょく)の生活を離れて、真実の人生を求めるという意味の決意が込められている。
自我中心の生活が迷いであることに目覚め、仏法を依りどころとして生きる者となるという人生の方向転換の象徴として「剃刀の儀」を行い、法名を受ける。

まさに人生における第二の誕生といわれる意義をもつのが、この「帰敬式」である。


「法名」について、詳しくはこちら

法名とは

法名とは、「釈」の字が冠(かん)せられた二字のもので、仏弟子(仏教徒)としての名のりである。
すなわち、南無阿弥陀仏の法をあきらかにされた仏陀釈尊の教えを聞いて生きる者となるという名のりである。
その法名をいただくということは、生活の真っ直中において、法(道理)に背き続ける我が身をあますところなく照らし出す真実をこそ宗(いのち)として歩みはじめることであり、念仏の信心によって開かれる人生の夜明けである。

法名は生前に受けるものであるが、受けないうちに死亡した者には、葬儀の折に授けられ、仏弟子とみなされる。

不回向

不回向

供養のこころえ

供養のこころえ

法事

法事

葬儀の流れ

葬儀の流れ

葬儀とは

葬儀とは